· 

マスクと言えば...

 

2年前マスクに試し印刷をしてみたことがある。(写真)

あの時、マスク制作に入れ込んでいたら、

今、多くの人の助けになったかもしれない。

 

近年はマスクと言えば使い捨て。

でも自分が子供の頃は布のマスクが普通だったし、

何度も洗って同じものを使っていた。

そしてサイズも小さい。

アベノマスクのサイズが小さいようだけれど、

布の小さいマスクは昭和の普通のマスクです。

 

それでも、最近でも布のマスクは普通に売っていた。

この写真のマスクも「99%ウイルスをカットする」とかなんとかうたっていた商品。

マスクは、その面が、どれほどウイルスやら花粉をシャットアウト出来るかを、専門業者が試行錯誤して作り上げてる商品だと思うのだが、最近のマスク不足から出でくる物は、まずマスクの形の再現から始まってるのは、人は「形から入る」生き物だから?  まぁ専門業者発のマスクが不足している状況なので、そのアプローチしかないのは致し方無いのか。。。

 

ウイルスカットの性能が既成のマスクに届かないのなら、逆に形で既成のマスクを上回るっていう発想はどうだろう。

覆面にしちゃうとか...家を出たら毎日が仮面舞踏会!?

上下繋がったワンピースやサロペットを超えて、靴下から帽子まで一続きの服とか...皆で着ぐるみ大会!?

...ないな。夏は暑いから... ってそこじゃ無いか。