年賀状

あけましておめでとうございます。

今年は、こんな年賀状を作りました。

 

昨年は草書体を結構書いたので、それを取り入れようというのがベース。

年賀状は前の年の様子と新年の抱負を語る物ですし。

2021年は書道の流れで描いていこうと思っています。

 

この中央にあるのは「」という文字の草書体です。

Sachi-Studioですからね。楷書体とかけ離れがちな草書体ですが、これは比較的わかりやすいので、持ってき易かったです。

 

実は「Happy New Year」も筆で書いていたのですが...

「Happy New Year」と「幸」は上手く一体化できず、双方の言葉を活かすために「Happy New Year」はパソコン内のフォントを使いました。

 

「幸」の最後の払いが、Berのように見えて、そこに何かを載せたいと思ってダルマを載せてみました。今年はフリーイラストを広めたいので、フリーイラストとして用意されてる物の中から、載せてはまるもの...正月のイメージとBerの上に収まるもの...ということでダルマを選びました。(ダルマに「福」が元々書いてあったので「幸福」とも読めるようになりました)

 

ダルマを赤に色づけするところから、色つけが始まり。最終的に赤と黒でまとめています。

「墨文字」は「黒」の方が伝わるので黒とすると、黒と赤。 

誌面の中に色々な要素を入れているので、色を多様化すると、まとまりにくくなりますし。

 

全体をまとめるのに、全体をライン的な物で囲むとか、関係付けさせることも試しましたが、色のバランスを整えることで、まとまってきたのでやめました。真ん中の「幸」のもじが大きく中央にあるので、その重みが全体をまとめさせています。

 

ダルマの下の丸は、Sachi-Studioロゴの中の丸と同じ大きさです。

「!」マークの中の丸と同じような役目を与えているつもりです。躍動感のようなものです。

 

 

草書体の文字の構成だけで描きこむ時間がなかったので、草書体1文字だけをいろいろな要素との組み合わせで、生かせるようにまとめたつもりです。

これも一つの「デザインの力」かと思います。